池袋眼科/VDT症候群/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>VDT症候群

VDT症候群

VDT症候群は、コンピュータのディスプレイなど表示機器を使用した作業を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことです。当院では、点眼やアイホットによる治療を行なっております。 ご予約はこちら

  VDT症候群とは

コンピュータのディスプレイなど表示機器(総称して Visual Display Terminal、VDT と呼ばれる)を使用した作業(VDT作業ともいう)を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことです。別名テクノストレス眼症とも呼ばれます。


  主な症状

  • 目の症状 - ドライアイ、充血、視力低下など
  • 体の症状 - 首、腰、肩のこり、痛みなど
  • 心の症状 - 食欲減退、不安感、抑うつ症状など

  治療法


・洗眼・・・目のゴミや埃などの不純物を洗眼液(生理食塩水)で洗い流します。

・点眼・・・ビタミン剤や目の調節力を高める効果がある点眼液をさします。

・目を温める(アイ・ホット)・・・眼球周辺の筋肉をほぐし、血行を促進します。

・目を冷やす(アイスパック)・・・眼球周辺の筋肉を引き締め、充血を防ぎます。

・低周波を当てる・・・低周波の刺激で目の周辺組織を活性化させます。

・マッサージ・・・眼球周辺、頭、首、肩などをマッサージします。

  予防方法

1、長時間の作業を行う際には1時間に10分程度の適度な休息を取る。
2、軽い体操をして体をほぐしたり、遠くの景色を見て眼の疲れを取るなどする。
3、ディスプレイの位置を目の高さよりも低くセッティングする。
4、反射光を抑えるフィルターを装着することも有効。
5、室内の照明環境を明るく保つ。 (暗い部屋での作業は避ける。)

  関連疾患
ドライアイ
視力低下
眼精疲労

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。