池袋眼科/中心性網膜症/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>中心性網膜症

中心性網膜症


当院では、OCT(光干渉断層計)により診断し、治療を行っております。(同医療法人新宿眼科では蛍光眼底検査も可能です。)

場合により、網膜光凝固療法も施行しております。
ご予約はこちら



  中心性網膜症とは

 
眼底写真(右眼)
網膜の写真を撮ったものです。



中心性漿液性網脈絡膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいもうみゃくらくまくしょう)を略して、中心性網膜症といいます。網膜の中心部に浮腫が起こった状態です。

  主な原因

何らかの原因で、脈絡膜の血管から血液中の水分がにじみ出て、網膜下に水が溜まります。これによって浮腫が生じ発症します。

ストレスが主な原因因子だと言われていますが、正確な原因はわかっていません。
両眼同時に発症することは稀で、通常は片眼に発症します。

  主な自覚症状

物を見ようとすると、中心部が暗く、または白くかすんで見えにくい、ゆがんで見える、視力低下、などの症状が出ます。
  主な検査方法

①眼底検査 瞳を開いて目の奥を詳しく診察します。一時的に瞳が開いた状態になるため、光をまぶしく感じたり、近くにピントが合いにくく 手元が見えづらくなるなります。検査後は、車やバイクなどの運転は控えて頂きますのでご了承下さい。
②蛍光眼底検査 蛍光剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、上記の眼底検査よりも精密な眼底写真を撮る事が出来ます。(新宿東口眼科医院にて検査可能です
③OCT(光干渉断層計)
近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで行えなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことができます。

  主な治療方法

この病気は、たいてい半年くらいで自然に治る傾向があります。そのため、しばらくの間消炎薬、循環改善薬、ビタミン剤などの内服で、薬物療法を行います。治療に3ヶ月程度かかり、再発することもあります。
場合により、光凝固術によるレーザー治療を行います。網膜色素上皮の障害部位をレーザーで焼いてくっつける方法です。数週間で治療でき、ほとんど再発は見られません。入院せず、外来で行うことができます。長く放置すると、治癒しても視力が元に戻らなかったり、再発することがあります。
当院でもレーザー治療を行っております。 症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。


 関連疾患
・黄斑円孔
・黄班浮腫
・黄班上膜
・加齢黄班変性
・中心性網膜症
・後部硝子体剥離
・飛蚊症
糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。