池袋眼科/斜視・斜位/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>斜視・斜位

斜視・斜位

斜視・斜位の症状、原因の説明です。 ご予約はこちら

  斜視とは
斜視とは、両眼の視線が一点に向かわず、それぞれが別の方向を向いている状態です。

斜視の分類
目の位置による分類→右図参照
内斜視
外斜視
上下斜視

状態による分類
恒常性斜視・・常に斜視の状態
間歇性斜視・・斜視の時と、そうでない時がある

斜眼視による分類
交代斜視・・左右の目が、どちらも外れた状態になり得る
片眼斜視・・どちらか片方 決まった目のみが外れる状態

原因による分類
麻痺性斜視・・眼筋麻痺、脳腫瘍等が原因で起こる
視線方向によって 斜視の程度が異なる
共同性斜視・・眼筋麻痺以外で起こる
どの方向を向いても、斜視の程度が同じ斜視


内斜視
外斜視
上斜視
下斜視
  斜視の主な原因

眼球を動かす筋肉(眼筋)や眼筋を支配する神経に異常がある場合、乳幼児期に強い屈折異常が放置された場合、眼球打撲などの外傷、糖尿病などの内的要因など、さまざまな原因があります。
  斜視の主な治療法
斜視の原因によって、治療法は異なってきます。

手術を用いない治療法は、斜視用の眼鏡で矯正をおこなったり、斜視でない眼を眼帯やアイパッチで覆い、斜視眼(視力が出にくい眼)だけを使用することで眼の機能を鍛える方法等があります。


手術による治療法は、眼球を動かす筋肉が正常に作動するように、手術で眼筋を縮めたり位置を調整します。

両目でものを見る能力(両眼視)は、生後3~4ヵ月で芽生え、3~4歳で良好なレベルに達してくると言われています。両眼視が芽生え 急速に発達するこの時期に両眼がバランス良く使えていないと、眼の機能が正常に育たず、将来 運転免許が取れない等、日常生活に大きな支障が出てきます。治療は、斜視に気がづいたらすぐに開始することが望ましいです。
(当院では、斜視手術は行っておりませんが、診察の上 手術や、その他治療を行っている病院への紹介を行っています。)

  対象検査
① 視力検査
斜視の原因にひとつに、乳幼児期の弱視、強度の近視乱視があるためです。また、見えにくい状態で検査をすると、正しい検査を得られない場合もあります。

② 眼位検査
斜視・斜位の説明の図のように、目の動きを確認する検査を眼位検査といいます。

③ 眼球運動検査
目の動きを確認する検査です。

④ 両眼視機能検査
斜視・斜位のある方の中には、立体的に物を見ることが苦手な方がいますので、その検査を行います。

  斜位とは

両眼を同時に使用してものを見ている時に視線のずれはなく、片方の眼を隠して 両眼の関係を断ち切った時に、隠した方の眼が斜視のように外れる状態です。


①両目でものを見ている時は眼の位置のずれはなく、まっすぐ見ています。 ②覆いで隠された左眼の方が外側に動いてずれて行き、外斜視の状態になります。 ③隠していた覆いを取り除くと、ずれていた眼が戻ってきて両目でものを見るようになります。

斜位は斜視と同じように内斜位、外斜位、上下斜位があります。もともとの眼の位置が完全に正しくない為、両眼を開いた瞬間は視線が目標に集中しません。視線のずれの程度が強いと、物が二重に見えることもあります。

  斜位の主な治療

程度が強い場合には、手術適応になる場合もあります。

  関連疾患
・近視
・遠視
・弱視
・脳腫瘍

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。