池袋眼科/近視/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>近視

近視

近視の説明です。当院では、症状に応じてコンタクトレンズや眼鏡での矯正、点眼液等での治療を行っております。
遠視の説明

ご予約はこちら


  近視

正視の状態 目に入ってきた光は、①角膜②水晶体(レンズ)を通って屈折し、③網膜(スクリーン)に像を結びます。網膜でピントが合うように、②水晶体の厚さを調節します。屈折した光が網膜上の一点に集まり、網膜上で像を結んでいる状態を「正視」といいます。

近視の状態
















































角膜
・水晶体の屈折力が強い、または眼球の大きさ(眼軸)が長いために、網膜の手前で焦点を結んでしまう状態が「近視」です。
遠くのものは ぼやけて見えますが、近くのものはある程度近づけばはっきり見えます。(近視の強さによって変わります)症状は遠くがぼやけて見える、かすんで見える、二重に見えるなどがあります。
原因は、解明されていませんが、”遺伝”と”環境”が互いに作用しあっていると言われています。強度近視の場合は軸性近視(眼球が後ろに大きく伸びている状態)が多く、それに伴い網膜が薄くなるために合併症を起こしやすくなります。

【強度近視の合併症】
①豹紋状眼底
強度近視だと眼球が大きくなるため網膜が薄くなっています。そのため、後ろにある脈絡膜がすけてみえる状態になります。


②限局性萎縮病変
後極部において脈絡膜毛細血管板が消失した場合、限局的の灰白色病変を示す。視力は比較的に良好で、強度近視の方に高頻度に見られる。視神経乳頭の周辺にこのような萎縮病変が出来ることをコーヌスと呼ばれています。


③黄斑部出血(Fuchs斑)
眼球の伸展に伴い網膜と接している脈絡膜の部分(Bruch膜)に亀裂を起こし、その部分に新たに浸入した血管が出血したものをいい、失明につながります。



これらのほかにも合併症は様々あるため、緑内障や網膜剥離などを起こすリスクも高まるので定期的な検査をおすすめします。
※「近視」は、眼鏡・コンタクトレンズ等で補正します。

コンタクトレンズについて詳しくはこちら

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る
 対象検査
1. オートレフラクトメーター、ケラトメーター

機械にて、遠視や近視、乱視がどの程度あるの確認します。

2. 視力検査

機械で測定した数値を参考に、検査員が近視や遠視を測定していきます。機械では、調節の機能により、正しい近視、遠視度数が出てこないためです。
視力検査時には、目を細めず、力をぬいて受けていただく、正しい度数が測定されやすいです。


仮性近視・単純近視
近くを見る作業をすると、焦点を合わせる筋肉が緊張し、この状態が多く続くと緊張が抜けにくくなり遠くに焦点が合いづらくなります。この状態を仮性近視(学校近視)といいます。度数が比較的軽く、矯正器具により適正な視力が得られます。
当院では間接的に筋肉の緊張を解くことができる、両眼視簡易検査器(ワック)での治療をしております。同法人の新宿東口眼科医院で行っています。


 関連疾患
遠視
・仮性近視
・乱視
・老視
・視力低下
・弱視


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。