×

■代表的な眼の疾患

×

×

×

網膜剥離

網膜剥離の解説です。
当院では、散瞳眼底検査で状態を把握した後、可能であれば光凝固術を施行し、必要に応じ、硝子体手術のために病院を紹介しております。

ご予約はこちら

網膜剥離とは

網膜が眼底から剥がれてしまう病気です。正確にいうと、網膜は感覚網膜という光を感じとる層と、その土台となっている色素上皮と呼ばれる層があり、感覚網膜が色素上皮から剥がれるのが網膜剥離です。

原因

中高年者の場合:加齢による硝子体の変化

眼球の内部は「硝子体」という無色透明のゼリー状の組織で満たされています。年とともに硝子体は少しずつサラサラした液体に変化し、ゼリー状の液体の中に 空洞ができ(液化変性)、その容積が減ってきます。硝子体の液化が進行すると、硝子体と網膜が離れてすき間ができます。この現象は加齢変化による生理的 なものです。硝子体と網膜が強く癒着(ゆちゃく)している場合、または、網膜が弱くなっている場合には、収縮する硝子体に引っ張られるかたちで網膜が引き裂かれ、亀裂や穴ができることがあります。

若い人の場合:目の外傷

スポーツなどでの眼球打撲を受けると、急激に眼球が変化して網膜裂孔が生じることもあります。激しいスポーツをする若い人によくみられます。

主な自覚症状

代表的なものは「飛蚊症」、「光視症」です。黒い点やゴミのようなものが見えるのが飛蚊症、光が当たっていないのに光を感じるのが光視症ですが、どちらも加齢や近視との関係でおきます。
視力低下や視野の欠損が生じることもあります。

検査方法

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。
*眼底検査・・・ 眼底や、硝子体の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。全身疾患から原因を調べる場合、他科を受診しても頂く場合もあります。

主な治療方法

*レーザー光凝固術・・・裂孔、円孔の周囲をレーザーで焼いて固めそれ以上広がったり、そこから硝子体の水分が網膜の下に入り込まないようにします。

※その他
眼球の内側から修復する【硝子体手術】、眼球の外側から修復する【強膜内陥術】がありますが、当院では行っておりません。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。