池袋眼科/視神経乳頭陥凹拡大/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>視神経乳頭陥凹拡大

視神経乳頭陥凹拡大

視神経乳頭陥凹拡大とは

視神経乳頭陥凹拡大

視神経乳頭とは、眼底にある視神経の通っている出入り口のことです。
視神経乳頭の中心は少し窪んでおり、この窪みが通常より大きいと視神経乳頭陥凹拡大と指摘されます。

視神経乳頭陥凹拡大と指摘されたということは緑内障の疑いがあるということになります。

視神経乳頭陥凹拡大は緑内障の時に見られる状態です。しかしだからといって、ただちに緑内障ということではありません。
視神経乳頭の形は人によって様々であり、生まれつき陥凹が大きい方もおり、視神経乳頭の形だけで緑内障と診断することはできません。

緑内障は視神経乳頭陥凹拡大などの視神経の変化と視野の欠損など様々なことから診断される病気ですので、眼圧検査、視野検査、眼底検査などを行い、総合的に診断されます。
これらの検査は当院では一日で行うことができ、当日中の診断も可能です。

視神経乳頭陥凹拡大と指摘されたら、早めに眼科を受診し、緑内障かどうか診断をしてもらってください。
緑内障はゆっくりと進行していき、初期の段階では自覚できません。自覚症状が現れたときには、かなり進行している可能性があります。
早期発見することで、進行を遅らせることができますので、是非早めの受診をお勧めします。

緑内障、緑内障検査について詳しく知りたい方はこちら


上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。