しばらく眼科受診していないコンタクトレンズ利用の方々へ

「忙しくて眼科へ行く暇がない」「一度診てもらってから、ずっと同じコンタクトレンズを買って使っている」
…現在、そういったコンタクト利用者が増えていますが、コンタクトレンズは【医療機器】ということを忘れてはいけません。
ご自身の目の状態やレンズの使い方を、一度考え直してみませんか?

  • 知らず知らずのうちに視力が変わっていませんか?
  • コンタクトレンズの正しい使い方ができていますか?
  • 知らないうちに目の病気にかかっていませんか?

知らず知らずのうちに度数が変わっていませんか?

  • 成人して体の成長が止まってからでも知らず知らずのうちに視力は変化していきます。
    たとえば、生活習慣・職場環境・老化(眼の構造、涙の量が変化)・病気(白内障の近視化、緑内障など)で視力は変動します。
    ずっと同じ度数のレンズを使い続けるのは不可能です。

    人の目は時間帯や日によっても見え方は異なりますし、両目でみているからと言って左右の視力が同じとは限らず、自力でレンズ度数を決めるのは極めて難しいです。
    つけてみないとレンズのフィット具合や見え方などわからない部分もあります。
    実際にレンズを入れて細かく合わせていく必要がありますので、眼科で検査することをオススメします。
  • 度数変化

今よりも、もっと目にあったコンタクトレンズがあるかもしれません。

乱視が強くなったのに、まだ近視用レンズを使用している

線の太さ、濃さが同じに見えない方は乱視の可能性が…

若い頃、軽度の乱視を指摘されただけでも、年齢を重ねると乱視の度が進むケースもあります。
また、日本では諸外国に比べ乱視用レンズの使用者が少なく、近視のみのレンズで我慢してしまっているかたが多いという統計があります。
乱視用レンズにすると遠くのもののダブりが改善し、肩こり・眼精疲労が軽減することもあります。 ブレてみえるからと自分で度数をあげてしまうと、本来は乱視があるところを近視の度数だけがあがってしまい目にとって強すぎる度数になります。
測定データに基づいて乱視の度数や角度を自分で決めることは事実上不可能ですので、眼科で検査することをおススメします。
乱視用コンタクトレンズについて詳しくはこちら

手元が見えづらくなってきた
  • 見えづらい
  • 10代から徐々にピント調節力は落ちてきます。それを自覚するのが40代前後といわれています。
    遠近両用レンズにすると今までよりお手元が楽に見えます。
    今使っている近視用レンズと同じ度数で遠近両用コンタクトを買っても、必要な加入度数は個人によって異なります。またメーカーによって加入度数もそれぞれ異なり、見え方が変わってしまうので眼科で検査することをオススメします。

遠近両用コンタクトレンズについて詳しくはこちら

コンタクトをつけると目が乾くようになった。ドライアイかも?
  • ドライアイ
  • 年齢を重ねると涙線の機能が低下してきます。そのため涙量が低下しますので、年齢と共にドライアイになりやすくなってきます。
    ドライアイの方にはシリコンレンズのお試しをオススメします。シリコンレンズは従来のHEMA素材にくらべてレンズの含水率が低いため、目の表面の水分が蒸発しにくく、乾きにも強くなっています。
    ただしシリコンレンズは従来のものにくらべると少し硬さがあります。さらに種類が豊富であるため、あれこれ試すために購入するとその分お金がかかります。

当院ではドライアイ専門治療も設けており、ドライアイの症状があってもコンタクトご希望の方にはトライアルレンズを複数試してから購入を決めることができ、また1度の来院で複数のレンズの処方箋を発行することができるので安心です。
ドライアイ専門治療のページはこちら

いつもと雰囲気を変えたい

サークルレンズ、カラーレンズ

サークルレンズ、カラーレンズを使ってみると雰囲気が変わります。
当院では比較的目にやさしい色付きレンズを数多く取り揃えているのでいろいろ試してみて、好みのレンズを選択できます。
同じ種類のものであれば色の変更はご自身でも可能です。しかし目に着けた時の印象は実際に入れてみないとわかりません。ネット販売でいろんな種類を試すために購入するとその分お金がかかります。
当院ではトライアルレンズを複数試してから購入を決めることができ安心です。
また、別の種類に変えるのであればカーブやサイズが変わるので眼科の受診をオススメします。
サークルレンズ・カラーコンタクトについて詳しくはこちら

*当院では処方箱数に制限はなく処方箋も複数発行することが可能です。
またトライアルレンズのお渡しもしているため、購入する前にじっくり吟味することができます。

コンタクトレンズ外来担当医紹介

堀医師 ごあいさつ

現在、日本国内のコンタクトレンズは、老若男女を問わず、幅広い世代に利用され親しまれています。近視や遠視、乱視、老視など視力に悩む多くの人の助けになっていることは明らかです。
その一方で、コンタクトレンズによるトラブルは年間100万件を超えると伝えられています。トラブルの原因として多くあげられるのは、コンタクトレンズの使用方法です。
使い捨てのコンタクトレンズを決められた使用期間以上使ったり、目の調子が悪くても無理やり使い続けてしまったり、正しい使用方法が定着していないケースが多くみられます。
また、コンタクトレンズ購入時に、視力の低下や目のトラブルがない限り眼科受診をしないケースも多くなっています。
たとえコンタクレンズ使用時に問題がなかったとしても、眼のトラブルを未然に防ぎ、安心してコンタクトレンズを使い続けるためにも、眼科の定期受診はとても重要です。

当院では常に最適な状態で使用し続けるためにも眼科での定期受診をおすすめしております。コンタクトレンズ外来では、安全なカラーレンズやサークルレンズの処方・紹介、初めてのコンタクトレンズの装用指導、遠近両用のコンタクトレンズ、またコンタクトレンズのトラブルへの対応など行っております。
コンタクトレンズでお困りのことがありましたら、ぜひコンタクトレンズ外来にお越しください。

浪川医師 ごあいさつ

使い捨てコンタクトレンズの発売から、20年以上が経ちました。いまやコンタクトレンズの装用人口は1500万人~1800万人とも言われております。それに伴い、コンタクトレンズのトラブルによる眼障害の数も急増し、10人に1人は何らかの眼障害を経験したことがあるというデータもあります。このホームページをご覧になっている方の中にも、乾燥や、眼の痛みといった症状を経験された方も多いのではないでしょうか。こういった眼障害を未然に防ぐためにも、定期健診は重要です。
また、長く同じコンタクトレンズを使っている方の中で、段々見づらくなってきた、などご不便を感じていらっしゃる方もおられると思います。年齢や生活スタイルによって、見え方も時間と共に少しずつ変化していくものです。今まで近視用のレンズを使っていたけど、乱視用のレンズにしたら見え方がハッキリした、遠近両用にしたら手元の見づらさが軽減された、という患者様も多くいらっしゃいます。定期的な受診により、常にご自身に最適な度数のコンタクトレンズを使うことができます。

乾き・痛みなどのトラブルでお困りの方、見え方でお困りの方、是非当院のコンタクト外来までご相談下さい。症状改善に向けた治療や、患者様一人ひとりに合わせたレンズのご提案をさせていただきます。

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

新川医師 ごあいさつ

今お使いのコンタクトレンズに関して、困ったことはありませんか?
当院では専門の検査技師から、患者様それぞれに合った種類、度数のレンズをご提案させていただきます。また、角膜内皮細胞の数も検査できます。この細胞は黒目の内側にある細胞で、黒目の透明度を保つための大切な細胞ですが、コンタクトレンズ使用歴の長い方や、長時間の装用をされる方はこの細胞が減少してしまうことがあります。気になる方は一度検査を受けてみてください。

コンタクトレンズは直接目に装用する高度管理医療機器です。目の健康を保つために、眼科医の指導の下での使用をおすすめしております。使用中に何か異常を感じることがあれば、いつでもご相談ください。

  • 逢坂医師
  • 非常勤医:逢坂 さやか医師(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    平成5年3月 金沢大学医学部卒業
    平成5年4月 金沢大学医学部眼科学教室入局
    平成6年4月 富山市立病院眼科勤務
    平成10年4月 八尾綜合病院眼科医長就任
    平成15年4月 北里大学医学部眼科講師就任
    平成15年6月 静岡市立清水病院眼科医長就任
    平成17年4月 高砂病院勤務
    平成20年4月 品川近視クリニック勤務
    平成23年10月~平成28年7月 大崎眼科クリニック院長
    平成29年4月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 非常勤医師就任

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名