コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズは大きく分けて、角膜より小さく硬い素材のハードコンタクトレンズ角膜より大きく柔らかい素材のソフトコンタクトレンズに分類されます。

ソフトレンズ / ハードレンズ / その他

ソフトコンタクトレンズについて

レンズに吸収された水分から角膜に酸素を届けるハイドロゲル素材のタイプと、素材自体が酸素を通すシリコンハイドロゲル素材のタイプがあります。
ソフトレンズは、ケアをしながら1~2年使える長期使用タイプや、1日・2週間・1カ月毎に交換して利用する使い捨てタイプ、1週間以内連続で装用する連続装用タイプなど、様々な種類があります。

初めての方へ

ソフトコンタクトレンズ・ケア用品一覧

乱視用コンタクトレンズや遠近両用コンタクトレンズの処方も当院にお任せください。

乱視用コンタクトレンズや
遠近両用コンタクトレンズの処方も
当院にお任せください

安定した見え方になるのが難しく、一度では決めづらいのが乱視用レンズや遠近両用レンズです。当院では丁寧な調整で、多くの患者様にご信頼いただいております。

素材タイプ別

ハードコンタクトレンズについて

ハードレンズはRGPという、素材自体が酸素を透す酸素透過性(正式名称:ガス透過性)レンズが現在の主流です。
レンズ自体に酸素の通り道があり角膜に直接酸素を補給し、さらに角膜とレンズの間の涙が瞬きによって交換される際の涙を介しても酸素を補給出来ます。基本的に毎日お手入れをしながら使用をします。寿命は約2年から2年半と長期使用が可能でコストも安くすみます。レンズの役割を担う角膜の上に硬いレンズが乗るので、角膜の形に由来する角膜乱視や不正乱視の矯正に適します。レンズが涙を吸収しないため、乾燥にも強くドライアイの方にも優しくなっています。
レンズが硬いためゴミなどの異物が入るとすぐに違和感がでますので、眼障害が起きても重度になりにくいのが特徴です。

初めての方へ

ハードコンタクトレンズ・ケア用品一覧

その他、コンタクトレンズでの治療・矯正

上記の矯正以外にもコンタクトレンズは医師の判断の元、角膜上皮表層の創傷治癒、または痛みの軽減のために装用するものや、無虹彩症の方のための虹彩付きコンタクトレンズ等もあります。これらの治療用コンタクトレンズは全てソフトコンタクトレンズとなっています。円錐角膜の方は症状に応じ医師の判断に従い、低酸素透過性の低めのハードコンタクトレンズや円錐角膜用ハードコンタクトレンズ、1日使い捨てコンタクトレンズの上にハードコンタクトレンズを重ねるピギーバック法で矯正を行なうことがあります。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受信の上、医師に相談してください。

初期段階(裸眼で0.6程度)の症例では眼鏡、中等度(裸眼で0.02程度)までの症例では、ハードコンタクトレンズを使えば、視力が矯正できます。また、ハードコンタクトレンズで不快感を感じる方は、ピギーバック(Piggy Back)を試みるのもいいでしょう。コンタクトレンズで視力が出なくなると、手術が必要になります。また、コンタクトレンズで違和感の続く人も手術の適用になります。手術としては、角膜全層を入れ換える全層角膜移植術を行います。

コンタクトレンズ外来担当医紹介

堀医師 ごあいさつ

現在、日本国内のコンタクトレンズは、老若男女を問わず、幅広い世代に利用され親しまれています。近視や遠視、乱視、老視など視力に悩む多くの人の助けになっていることは明らかです。
その一方で、コンタクトレンズによるトラブルは年間100万件を超えると伝えられています。トラブルの原因として多くあげられるのは、コンタクトレンズの使用方法です。
使い捨てのコンタクトレンズを決められた使用期間以上使ったり、目の調子が悪くても無理やり使い続けてしまったり、正しい使用方法が定着していないケースが多くみられます。
また、コンタクトレンズ購入時に、視力の低下や目のトラブルがない限り眼科受診をしないケースも多くなっています。
たとえコンタクレンズ使用時に問題がなかったとしても、眼のトラブルを未然に防ぎ、安心してコンタクトレンズを使い続けるためにも、眼科の定期受診はとても重要です。

当院では常に最適な状態で使用し続けるためにも眼科での定期受診をおすすめしております。コンタクトレンズ外来では、安全なカラーレンズやサークルレンズの処方・紹介、初めてのコンタクトレンズの装用指導、遠近両用のコンタクトレンズ、またコンタクトレンズのトラブルへの対応など行っております。
コンタクトレンズでお困りのことがありましたら、ぜひコンタクトレンズ外来にお越しください。

浪川医師 ごあいさつ

使い捨てコンタクトレンズの発売から、20年以上が経ちました。いまやコンタクトレンズの装用人口は1500万人~1800万人とも言われております。それに伴い、コンタクトレンズのトラブルによる眼障害の数も急増し、10人に1人は何らかの眼障害を経験したことがあるというデータもあります。このホームページをご覧になっている方の中にも、乾燥や、眼の痛みといった症状を経験された方も多いのではないでしょうか。こういった眼障害を未然に防ぐためにも、定期健診は重要です。
また、長く同じコンタクトレンズを使っている方の中で、段々見づらくなってきた、などご不便を感じていらっしゃる方もおられると思います。年齢や生活スタイルによって、見え方も時間と共に少しずつ変化していくものです。今まで近視用のレンズを使っていたけど、乱視用のレンズにしたら見え方がハッキリした、遠近両用にしたら手元の見づらさが軽減された、という患者様も多くいらっしゃいます。定期的な受診により、常にご自身に最適な度数のコンタクトレンズを使うことができます。

乾き・痛みなどのトラブルでお困りの方、見え方でお困りの方、是非当院のコンタクト外来までご相談下さい。症状改善に向けた治療や、患者様一人ひとりに合わせたレンズのご提案をさせていただきます。

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

新川医師 ごあいさつ

今お使いのコンタクトレンズに関して、困ったことはありませんか?
当院では専門の検査技師から、患者様それぞれに合った種類、度数のレンズをご提案させていただきます。また、角膜内皮細胞の数も検査できます。この細胞は黒目の内側にある細胞で、黒目の透明度を保つための大切な細胞ですが、コンタクトレンズ使用歴の長い方や、長時間の装用をされる方はこの細胞が減少してしまうことがあります。気になる方は一度検査を受けてみてください。

コンタクトレンズは直接目に装用する高度管理医療機器です。目の健康を保つために、眼科医の指導の下での使用をおすすめしております。使用中に何か異常を感じることがあれば、いつでもご相談ください。

  • 秦医師
    秦医師の診察は2016/12/16を持ちまして終了いたしました。
  • 非常勤医:秦 未稀医師(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    平成22年 昭和大学医学部卒業
    平成24年 昭和大学横浜市北部病院 初期研修終了
    平成24年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 入局
    平成25年 埼玉メディカルセンター勤務
    平成26年 国立行政法人 東京医療センター勤務
    平成26年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 帰室
    平成28年7月~ 当院非常勤医師就任

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名