コンタクトレンズをご使用中の方へ

コンタクトレンズ(カラコン含む)のトラブル

緊急トラブル

緊急のお悩みの方はこちらをご覧ください。あわてず、目をこすらないようにしましょう。ご自身での応急処置の方法や眼科受診の詳細をご紹介しております。

コンタクトレンズ装用の際にトラブルがある方へ…

あなたは既にコンタクトレンズのトラブルになっているかも??

コンタクトレンズを装用されている方で、ご自身では日常的な症状かもしれませんが、気づかないうちに症状が進んでいる場合があります。

このような生活をしていませんか?
コンタクトレンズ購入時に医師の診察をうけていない。
定期的に眼科を受診せずにコンタクトレンズを使用している。
カラコン(カラーコンタクトレンズ)で承認基準を満たしていないものを使用している。
※安全性が確認されているカラコンは以下となります。

・ワンデーアキュビューディファイン
・フレッシュルックデイリーズ
・ナチュレール
・2ウィークアキュビューディファイン

1日12時間以上コンタクレンズを装用している
使い捨てレンズの使用期限を守らずに、長く使用している。また、使い捨てでないコンタクトレンズでも長く使いすぎている。(一般的にハードコンタクトレンズは2年、従来のソフトコンタクトレンズは1年半)
コンタクトレンズをつけっぱなしで寝てしまうことがある。
気になる症状があるがそのまま放置している。
手が汚れていても、気にせずレンズに触っている。
ずっと同じレンズケースを使っている。
(ソフトレンズの場合)こすり洗いをせずにレンズを保存している。

上記のチェックが1つでもある場合、自覚的な症状がない場合でも症状が悪化する恐れがあります。重症化すると、時として失明することや、角膜移植が必要になる場合もあります。眼科を受診しましょう。

簡易チェック!例えばこんな症状はありませんか?
【クリックすると症状についての詳細が表示されます】

レンズが異常に動いてしまう
通常はコンタクレンズのベースカーブやサイズが眼にあっていない場合や、レンズの汚れによるフィッティングがずれていることが考えられますが、汚れたままのコンタクトレンズを長期にわたり使用している場合や痒みもある場合は
  • 巨大乳頭結膜炎の恐れがあります。
  • 常に痒い
    通常は花粉やダニ、ハウスダストなどのアレルギーによるアレルギー性結膜炎ドライアイが原因だと考えられますが、コンタクトレンズを正しく使用していない場合や眼の痛みやゴロゴロ感も伴う場合には
  • 巨大乳頭結膜炎角膜びらん角膜浸潤角膜潰瘍の恐れがあります。
  • 痛みがある、しみる
    通常はドライアイが原因だと考えますが、長期間のコンタクトレンズ装用や汚れたレンズを使用している場合や眼の痒みや涙が出やすいなどの症状も伴う場合には角膜びらん角膜浸潤角膜潰瘍点状表層角膜炎の恐れがあります。
    レンズがよく曇る
    曇る原因には様々なものが考えられます。
    例えばコンタクトレンズの汚れによるものや、コンタクトレンズの規格が眼に合っていないこと、眼の乾燥によるものや、眼に疾患があるために分泌物が増加していることが原因の場合もあります。
    またコンタクトレンズの汚れの中にも、単にコンタクトレンズの装用時間や装用年数が長いだけではなく、十分クリーニングされていないことが原因の場合もあり、適切な指導を改めて受ける必要があります。原因究明には眼科に行き、専門のスタッフに相談することが必要です。
    特に疾患には
  • 巨大乳頭結膜炎やさらに角膜びらん角膜浸潤の恐れもあり危険です。

    コンタクトレンズの汚れは、汚れをアレルゲンとするアレルギー性結膜炎になる可能性があります。またアレルギー性結膜炎になることにより眼からの分泌物が増え、汚れが更に増加していきます。このような悪循環を繰り返していくと症状が慢性化するだけではなく、異なる疾患になる可能もあり危険ですので、早めに眼科を受診しましょう。
  • 目が乾く
    一番考えられるのがドライアイになります。涙の分泌量が足りない場合や、涙の成分のバランスが悪いことで起こります。また、長時間のパソコン作業や、テレビ観賞などで瞬きの回数が減ってしまうことで乾くこともあります。
    コンタクトレンズの使用でも涙液交換がスムーズにできず乾くことが考えられます。
    メヤニがでる
    かゆみとメヤニが同時に起こる場合、考えられるのが巨大乳頭結膜炎アレルギー性結膜炎です。また、かゆみはなくメヤニだけ多く出る場合には角膜びらん角膜浸潤角膜潰瘍の可能性があります。
    夜間にまぶしさを感じる
    レンズの傷や汚れ、変形、またはフィッティング不良があると、外からの光が正確に入らず色んな方向に光が散乱してしまい、まぶしさを感じることはあります。
    しかし、レンズをはずしても夜間まぶしさを感じる場合には、角膜びらん角膜浸潤角膜潰瘍、角膜浮腫などの恐れがあります。

    ※上記は一般的な説明であり、他の疾患である場合もあります。

    コンタクトレンズは高度管理医療機器です

    気になる症状があればただちに眼科受診してください。

    コンタクトレンズで(カラコンを含む)眼科を来院される方へ

    ★眼科選びのコツ

    眼科選びのポイントとしては
    ・代診を含め、常時眼科専門医がすべての時間診察している
    ・視能訓練士が多数勤務し、指導に当たっているところ

    が挙げられます。
    眼科専門医とは眼科に関する知識と医療技術が十分であると日本眼科学会が認定した眼科医のことであり、視能訓練士とは視能訓練士法という法律に基づく国家資格をもった医療技術者です。

    Q.なぜ眼科専門医がすべての時間診察している事がいいのか?
    A.眼科専門医が診ることにより、早期に重大な病気を発見でき、適切な治療を受けることができます。症状に本人が気がつく前に発見ができるので、症状が悪化し、手遅れになる前に治療を開始できます。
    Q.なぜ視能訓練士が多数勤務しているところがいいのか?
    A.コンタクトレンズの間違った装用方法や、眼の障害を発見しやすく、専門的な知識に基づく指導を受けることができます。また、患者様の症状に合わせた適切なアドバイスができるので、よりよいレンズ選択をすることができます。

    しっかりとした専門性のある知識をもとに、適切なコンタクトレンズの使い方、治療を行うことができますので、安心してご相談いただけます。

    近年よくある事例…カラコン(カラーコンタクトレンズ)でのトラブル

    現在、カラコンの需要は学生のみならず、20-30代のOLや、40-50代まで広がってきていますが、使用方法によって眼に重篤な眼障害を引き起こすことを知っておく必要があります。

    どうして眼のトラブルが起こってしまうのか?

    カラコンにはさまざまな種類がありますが、眼科受診なしで購入できるカラコンには、酸素透過性の低いものや、色素が眼に悪影響を及ぼすものも存在します。
    また、コンタクトレンズの使用経験のない方が、手軽にコンタクトレンズを入手することが可能になり、眼科医の指導もなく正しい使用方法を習わないまま、自己流で使用していること等があげられます。
    上記のようなコンタクトレンズを長期に渡って装用したり、正しくケアができていなかったりすることで、重篤な眼疾患を引き起こすことが考えられます。

    流行っているからと言って、気軽に考えてしまうのはNGです

    来院の際に準備していただきたいもの

    • ・保険証
    • ・問診表(通常は受付後にご記入いただきますが、事前にご記入いただけていると受付がスムーズに行えます)
      初診の問診表はこちら再診の問診表はこちら
    • ・使用中の目薬があれば、名前のわかるもの
      ※コンタクトレンズをつけたままでいると新たなトラブルの原因になります。コンタクトは外してお越しください。
    • ・使用中のコンタクトレンズ(汚れ、傷、破損状況等を確認致します)
    • ・使用中のコンタクトレンズのデータが分かるものをお持ち下さい。
      ※容器や箱、ベースカーブ・度数(PWR)等が記載されているもの
    • ・事前に予約をしていただくと当日のご案内がスムーズです。…予約はこちら

    当院に来院いただいた際の診察の流れです。
    検査内容や、コンタクトレンズトラブルでの疾患等もご紹介致します。

    コンタクトレンズ外来担当医紹介

    堀医師 ごあいさつ

    現在、日本国内のコンタクトレンズは、老若男女を問わず、幅広い世代に利用され親しまれています。近視や遠視、乱視、老視など視力に悩む多くの人の助けになっていることは明らかです。
    その一方で、コンタクトレンズによるトラブルは年間100万件を超えると伝えられています。トラブルの原因として多くあげられるのは、コンタクトレンズの使用方法です。
    使い捨てのコンタクトレンズを決められた使用期間以上使ったり、目の調子が悪くても無理やり使い続けてしまったり、正しい使用方法が定着していないケースが多くみられます。
    また、コンタクトレンズ購入時に、視力の低下や目のトラブルがない限り眼科受診をしないケースも多くなっています。
    たとえコンタクレンズ使用時に問題がなかったとしても、眼のトラブルを未然に防ぎ、安心してコンタクトレンズを使い続けるためにも、眼科の定期受診はとても重要です。

    当院では常に最適な状態で使用し続けるためにも眼科での定期受診をおすすめしております。コンタクトレンズ外来では、安全なカラーレンズやサークルレンズの処方・紹介、初めてのコンタクトレンズの装用指導、遠近両用のコンタクトレンズ、またコンタクトレンズのトラブルへの対応など行っております。
    コンタクトレンズでお困りのことがありましたら、ぜひコンタクトレンズ外来にお越しください。

    浪川医師 ごあいさつ

    使い捨てコンタクトレンズの発売から、20年以上が経ちました。いまやコンタクトレンズの装用人口は1500万人~1800万人とも言われております。それに伴い、コンタクトレンズのトラブルによる眼障害の数も急増し、10人に1人は何らかの眼障害を経験したことがあるというデータもあります。このホームページをご覧になっている方の中にも、乾燥や、眼の痛みといった症状を経験された方も多いのではないでしょうか。こういった眼障害を未然に防ぐためにも、定期健診は重要です。
    また、長く同じコンタクトレンズを使っている方の中で、段々見づらくなってきた、などご不便を感じていらっしゃる方もおられると思います。年齢や生活スタイルによって、見え方も時間と共に少しずつ変化していくものです。今まで近視用のレンズを使っていたけど、乱視用のレンズにしたら見え方がハッキリした、遠近両用にしたら手元の見づらさが軽減された、という患者様も多くいらっしゃいます。定期的な受診により、常にご自身に最適な度数のコンタクトレンズを使うことができます。

    乾き・痛みなどのトラブルでお困りの方、見え方でお困りの方、是非当院のコンタクト外来までご相談下さい。症状改善に向けた治療や、患者様一人ひとりに合わせたレンズのご提案をさせていただきます。

    • 新川医師
    • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

      所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
      PDT講習会受講終了認定医

      平成13年 熊本大学医学部 卒
      平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
      平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
      平成20年 高松赤十字病院 勤務
      平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
      平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

    新川医師 ごあいさつ

    今お使いのコンタクトレンズに関して、困ったことはありませんか?
    当院では専門の検査技師から、患者様それぞれに合った種類、度数のレンズをご提案させていただきます。また、角膜内皮細胞の数も検査できます。この細胞は黒目の内側にある細胞で、黒目の透明度を保つための大切な細胞ですが、コンタクトレンズ使用歴の長い方や、長時間の装用をされる方はこの細胞が減少してしまうことがあります。気になる方は一度検査を受けてみてください。

    コンタクトレンズは直接目に装用する高度管理医療機器です。目の健康を保つために、眼科医の指導の下での使用をおすすめしております。使用中に何か異常を感じることがあれば、いつでもご相談ください。

    • 秦医師
      秦医師の診察は2016/12/16を持ちまして終了いたしました。
    • 非常勤医:秦 未稀医師(日本眼科学会認定 眼科専門医)

      平成22年 昭和大学医学部卒業
      平成24年 昭和大学横浜市北部病院 初期研修終了
      平成24年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 入局
      平成25年 埼玉メディカルセンター勤務
      平成26年 国立行政法人 東京医療センター勤務
      平成26年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 帰室
      平成28年7月~ 当院非常勤医師就任

    視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名